倉田 大輔

Daisuke Kurata

倉田 大輔

ビデオグラファー

HuckoutのProducer/Videographerをしています。
ホワイトカラーな仕事もしつつ、フリースキーやスノーボードを中心に撮影・映像制作しています。
Huckout以外にも、REACT MAGAZINE/REACT TVにて映像情報発信しています。

魅力的なスキーヤー・スノーボーダーの仲間いるからこそ活動できている環境に感謝!
Embody us idea in an action!

[Huckout]
http://www.facebook.com/pages/Huckout/560343750657151
http://twitter.com/Huckout
[REACT MAGAZINE]
http://www.reactzine.com
[REACT TV]
http://ustream.tv/channel/react-tv

クラタ個人
[Switch Stance]
http://blog.livedoor.jp/csf_sp
[Twitter]
http://twitter.com/KurataD

Read more

利尻島アタック!(3年振り2回目)

24
Apr

CATEGORY : Snow

木曜に急遽の業務をこなすために深夜作業して、金曜日からトリップ!
まずは、宗谷地方の南部で残雪シューティング。意外に雪は残っていました。


さらに北上して、天塩川にかかる天塩大橋のたもとで、今回の目的地をキャッチ。うっすら見えるあの島。そう利尻島です。


もう少し近づいて利尻島を撮りたかったので、車を走らすと、とてつもないロケーションにぶつかりました。


雲の上に浮かんだ利尻山と、西方へ沈む夕日!海面を飛ぶカモメ!CGのようなあり得ない雰囲気に圧倒されました。今回、数シーズンぶりにお呼ばれしたので、行ってきました、PDこと伊藤大輔と!


稚内に入ると、TLを見ていた方からすかさず連絡が。Seamoreの店長、ワタルさんと夕食へ。ようじでは、珍味三昧、日本酒三昧!

すっかり寝不足なことを忘れていた私の記憶は、棒の彼方へ…。


翌朝、6時前にフェリー乗り場へ。ガスがかかっていますが、天気予報を信じます。名寄のフィルムメーカーT.C.Pとライダー集団AUCENTRIKEと合流。そちらはフィルマー1名、ライダー3名。計6名で利尻島を目指します。

AUCENTRIKEのゴローちゃんこと池田悟郎にお世話になって、ハートランドフェリーで一路、鷹泊港へ。

到着すると、見事に晴れました!RISHIRI CROWのヒロキさんが、首を長くして待っていました、すみません下船が遅くて…。


前に来た後にできたという、ゲストハウス的なところでお世話になりました。早速着替えて準備。山に思いをはせます。


ヒロキさんにモービルにてベースまで上げてもらい、そのあとはハイクアップ。撮影ベースを再度作った場所から見上げるバーンはこんな感じ!

この見えるピークからPDはドロップインして、男のラインを攻めました。感動するくらい格好良かったです、ホント!ボトムまで来るとさすがにバテるようで、足はプルプルだったとのこと。撮っている最中、鳥肌立ちっぱなし。PDは今回のチャレンジを見事にこなし、次のステップに行きましたね。

夕方前には斜面を変えて、こんなグッドシチュエーションでの撮影敢行!雲海、夕日、一枚バーン。


無事撮影も終了し、日が落ちてから下山すると…何処も彼処もカリッカリ。おかげで数年分くらいハの字をした気がします、太ももが笑っていました。

ゲストハウスで着替えて、すぐさま温泉へ。1時間弱浸かって、夕食はみんなで鍋!旨かったです、充実というスパイスが効いていました。ヒロキさん、黒いな…。
明日の話をしながら、夢の国へ。



翌日も見事に晴れ!


2日目は上る斜面を島の南側に変えてのアタック。荷物一杯ですね。


上った谷の入口でまず1アタック。


その後谷の奥まで行くと、別世界でした。氷河地形と、風雪の侵食が合わさった複雑な地形に、もっさり雪が積もった状況。ここでも2アタックして時間切れとなりました。


ちなみに谷を見下ろすと海までまっすぐ見えます。


下山する前に食べたカップめんは最高の昼食でしたね!わざわざヒロキさんがお湯を沸かしてくれていました。


慌ただしくフェリー乗り場へ。ゴリラ岩とPD。


紙テープこそないものの、見送りのヒロキさんに整列で別れの挨拶を。


稚内についたら、Seamoreに行き挨拶して、それぞれ自宅へ向かうために解散となりました。
日曜深夜に無事帰宅しました。


前回の'09シーズンと同様の工程での利尻山アタックでしたが、前回で感じた、「どのみち、どこのバーン見ても圧倒はされる」を踏まえて、まずは圧倒されよう、その後に何ができるかだ、とPDと打合せ済みでしたので、現場ではスムーズに滑り手撮り手のコミュニケーションが取れたかと思いました。おかげで、合計6アタック中、5アタックがOKカットとなりました。帰りの道中も映像をどうするか話したので、早く編集したい気持ちでいっぱいです。

今回のトリップに参加できて光栄です。改めてかかわった方々に感謝です、すべてアテンドしてくれたRishiri Crowのヒロキさん、色々なアドバイスと柿ピーくれたSeamoreのワタルさん、AUCENTRIKE(呼んでくれた池田悟郎、一番楽しんでいた盛佑太朗、男?な攻めをみせた佐々木洋美)、T.C.P(フィルマーがもう一人いて心強かったよ、木村君)、そして最高の攻めとライディングをみせてくれたPD!



おまけ
常時ドヤ顔になることに成功した、某前国家元首。

2012/04/24 22:05:39 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1186

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 利尻島アタック!(3年振り2回目)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

出かけてランチ

24
Apr

CATEGORY : Diary

春を迎えた栗山へ、業務で二日連続で行ってきました。
あまり行かない土地でのランチは当たるとうれしい、まず初日は、はらへー太へ。中華系のメニューが中心となったレストランです。おススメの八宝菜ランチをチョイス。昔ながらの型で抜いたライスを挟んで、キャベツの千切りと八宝菜がドドンと。

ボリュームは少し多め、ご飯が進む味付け。具材の種類は八種類以上あったように感じます。お昼の時間帯は地元の方でほぼ満席でした。

続いては、廬山。こちらでもおススメの夕張版あんかけ焼きそばで。

甘目でかつ濃厚な味付けの餡が、揚げた固めの麺にかかっています。お皿の大きいこと!個人的には辛味を少し足すと程よい味になりました。


ちょいと話があったので、ススキノにお出かけ。食事は、珀や別邸でしました。真ん中の姿造りは100円!

翌日もなんだかんだでお話し。


たまたま出向いた島松町、「食事」で検索して飛び込んだ、らぁめんや。夫婦でやられているお店はアットホームな感じながら、辛味の効いた白味噌ラーメン、旨かったです。横でチャーハンを頼んでいた方をちら見したら、とてつもない量でした…。

2012/04/24 21:54:11 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1185

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 出かけてランチ

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

Day to Sunset to Midnight

18
Apr

CATEGORY : Snow

平日は美味しいものをたくさん食べることができました。

久々に串鳥でランチ。いつもよりチキンが多かったカレーはスパイシーでした。

PDこと伊藤大輔からのお土産、ホッキ。軽くボイルして氷水で〆ているのでぷりぷり感が際立っていました。

翌日には余ったものでバター炒めのピラフを。最高でした!

こちらは再びランチ、恵庭の三宝。とんこつ味噌に野菜トッピングを+150円でしたら、とんでもないボリュームに。野菜というともやしがメインになりがちですが、このお店は白菜が多めです。かさが大したないのに実は具だくさんといった感じ。



土曜日は久々に詰め込んだ撮影をしてきました。一日で一気に動くため、代替案の代替案までもチェック。久々に数日かけてリサーチして望んだ土曜。

朝から移動して空知地方へ。えぞりすくらぶとたぬき、そしてスキーヤーが集結。ロケハンしつつ奥地に集合。
ピーカンの中、シリンダーtoコンクリートのアイテムで撮影。タップだのトレイニーだの狙うとアウトのH鋼に干されるかもしれない恐怖と戦う現場でした。

気づくと夕方前になっていたので、先にネクストフッテージを準備している組と離れて、駆け込みで昼食、橙や

新メニューのあんかけ野菜、みそをチョイス。焦しねぎトッピングが旨い。

2箇所目はレール。ワンクッション入れるときのスタイルが重要でした。日も綺麗に落ちて、マジックアワー炸裂!

テキーラサンセットの背景で今っぽい動きを撮ることができました。ワンコのノーリーが半端なく切れていました。

日没に伴って3箇所目へ移動。万全を期すために小一時間待機してからの除雪。シーズン期初のリベンジ、青レール。

久々に撮影に参加した、本州帰りの田巻信彦が変態的なキレを見せていました。あんなに速いタイミングでのせ替えができるなんて。

気づけば日付は翌日、遅いランチも完全消化していたので、シーズン最後になるであろう、深夜の赤い看板へ。なぜか意地になって、ラーメンを頼まずスタート。でも量が微妙なので、この後結局一杯だけ注文してしまいました。

帰りはとてつもないガスでした…。


翌日は色々勘案してオフにしました。市内は快晴、久々にリフレッシュしました。お弁当持ってお気に入りな場所で無駄に過ごす時間最高!




夜は、BAR残心へ行き、REACT TV#8の配信。映像がたくさんあり、視聴者の方も満足して頂けたんじゃないかなーと勝手に思っています。

2012/04/18 23:37:19 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1182

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for Day to Sunset to Midnight

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ