倉田 大輔

Daisuke Kurata

倉田 大輔

ビデオグラファー

HuckoutのProducer/Videographerをしています。
ホワイトカラーな仕事もしつつ、フリースキーやスノーボードを中心に撮影・映像制作しています。
Huckout以外にも、REACT MAGAZINE/REACT TVにて映像情報発信しています。

魅力的なスキーヤー・スノーボーダーの仲間いるからこそ活動できている環境に感謝!
Embody us idea in an action!

[Huckout]
http://www.facebook.com/pages/Huckout/560343750657151
http://twitter.com/Huckout
[REACT MAGAZINE]
http://www.reactzine.com
[REACT TV]
http://ustream.tv/channel/react-tv

クラタ個人
[Switch Stance]
http://blog.livedoor.jp/csf_sp
[Twitter]
http://twitter.com/KurataD

Read more

味覚の秋

30
Sep

CATEGORY : Snow

先週、打合せのついでにカールスバーグのH&Hをパイントで飲みました、泡にこんなアートを施してくれるのですね。口をつけてもしばらくは消えないアート、小粋です。


週末、涼しさがやってきたとはいえ、室内はPCの排熱で気温アップ、そんな中、アベシンこと阿部真也からの差し入れ、釣れたてのイカ!


烏賊の儀、つまり捌き作業は1時間を超えました。
身とゲソは、刺身用、一夜干し用、塩辛用に処理。ワタは塩まみれにして塩辛用に。

せっかくなんで身の一部を刺身に、エンペラを炙りにして試食。はい、最高です!
アベシンありがとう。


烏賊の儀が執り行われている間、雷雨に見舞われていた札幌市内、夕方すぎれば晴れ間ものぞくまでに回復していたので、急遽企てたことを実行。
SBからは赤前吉明。


SKからは伊藤大輔。


札幌オータムフェストに繰り出してきました。いや、これは撮影です。
蒸牡蠣最高でした!実食しないと伝えられませんからね…。

しかし、凄い混みようでした。ビアガーデンよりも混んでいるんじゃないでしょうか。

翌日は干した身とワタの中身をあえて、味付けして仕込み終了、塩辛。
少し干しすぎたので、かなり大人な塩辛になりました。1〜2日たてば完成ですね。


この週の最高気温の気温差は10℃以上、涼しさを超えて、寒さを感じましたが、そりゃ9月末ですもね。雲も秋模様。

2012/09/30 17:23:10 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1241

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 味覚の秋

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

Sep. long weekend

19
Sep

CATEGORY : Snow


平日の昼間、恵庭付近で昼食を食べようとして、向かった三宝が店じまい(7/1で閉店)をしていたため、市内まで流れてきました。
定食屋として定評のある、清田区北野 お食事処 はちや食堂へ。

私は野菜を汁物で食べたくて野菜ラーメンを注文、みそ味で。
出てきたらこれですよ、ホタテの稚貝やエビも乗っていて、チャーシューも大きい!野菜は定番のもやしもたっぷりですが、キャベツとたまねぎがベースとなっていて、ボリュームが凄い。脂少な目で、最後まで美味し頂きました。そしてお腹一杯です…。


しかし、ここのメニューがなんとも琴線に触れました。

目玉焼き定食550円
豚汁定食650円
野菜炒め定食650円
トンカツ定食750円
ジンギスカン定食800円

醤油ラーメン550円
味噌ラーメン600円
特製ラーメン700円
野菜ラーメン700円
etc.

外にも丼物などもありました。お食事処というのはこうでなくちゃ、というセリフが聞こえてきそうな価格、雰囲気、味付け。

せっかくなんで、好みとなる定食屋の条件とはなんなのか考えてみました。
まずはベース価格がそれほど安くはないものの、その分上位メニューが安い。この価格設定が定食屋としてのキーとなる気がするのは私だけでしょうか。昔、平岸にあった萬福食堂も似たような設定でした(真駒内のパイプを滑った後に食べる鶏生姜焼き定食がおいしかったなぁ)。
次に、野菜炒め定食があること。続けて訪れることを考えると、野菜メインの定食があると、選択が豊かになると思います。
なぜこんな話になったかというと、最近、料理系の漫画やそれを原作にしたドラマが気になるのです。

…定食屋論を語るところじゃなかった、閑話休題。

週末前、南幌まで足をのばしたときに出会った、ことぶきや

南幌で新鮮な厚岸産牡蠣が食べられるというので有名だそうで。自分はカレーな気分だったので、シーフードカレーをチョイス。ボイルしたホッキとホタテがどっさりのった、欧風な味付けのカレーでした。付け合せがアラ汁ってのが魚介類に強いお店だからでしょうか。


3連休に突入する前にばっさり髪をカットして、その後打合せがてら焼鳥福鳥本店へ。
もつがいい味してました。店内は金富士をさっぱりさせた雰囲気でしたね。


この9月の3連休は各地でイベント三昧、われらがSPCことサッポロシティーも然り。まずは9/15、プロショップMOJANEにて、BURTON新作『13』の試写を兼ねたイベントがありました。テリエとジョンジャクソン、ストリートパートに驚かされました。

KAI Entertainment.も便乗?して、MOJANEライダーが参画する、巷で噂の、えぞりすくらぶの映像、from新作『What's Golden?』ということで、特別映像を会場にて放映させてもらいました。本編はもうしばらくお待ちくださいませ。
フロアを盛り上げていたのは、TAKASHIT、HIRO、JACKの3人、いい音出していましたねー。


フロアの外では、えぞりすくらぶがサインを求められていました、写真は野々垣瑠ですが、弾丸小僧の田中稔も書いていましたね。


その後、残心に顔を出して、しばらくたったらこの様…。


そう、来ましたリッキーこと中島力!写真はテキーラが2発ぐらい入った後なので、少しぐったり顔ですね…。



翌日9/16は先月末に機材トラブルで順延していた、REACT TV SS#2の配信!聖地、BAR残心からお届けしました。


ちなみに残心は、なんと残心カレーのデリバリーを開始しました(ススキノ周辺)!
ランチタイムもやっていて、夜は深夜02:00までとのこと。
ランチ11:00-15:00
ディナー21:00-02:00
一人前¥900(配送料込)
011-206-9156


配信の後は、7unionを扱うショップ、The Libraryのイベントに行ってきました、acidroom。いつもお世話になっております!

スケートやBMXのプロショップがサポートしているイベントということもあり、EDIASやHOTBOWLで撮影された写真が展示されていました。EIDASはFogetek撮影でしたね。
写真はスタイルチェック中?赤前吉明。


翌日は赤前吉明が編集室を訪れて、映像チェックおよび調整をしてもらいました。

2012/09/19 7:58:42 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1238

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for Sep. long weekend

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

秋小旅行

13
Sep

CATEGORY : Diary

業務関連で小旅行に行ってきました。朝里〜小樽。
自分じゃない誰かのプランを享受して過ごす時間は割とリフレッシュタイムになりました。時間守って行動すれば全部用意してあるってのも、年に一度くらいはいいかなぁと。

温泉入った後に、いわゆる宴会。


翌朝も朝風呂で前夜の気だるさを拭い去り、おたる水族館へ。


ありがちですが、「おいしそう」と思ってしまうのは不謹慎でしょうか…。いやじっくり観てきましたよ、知っている魚が泳ぐ際の、筋肉の繊細な動きとか、表情とか。もし自宅で飼うなら、クラゲがいいですね、あれはVJの映像を見ているような感じになります。副交感神経を刺激されるか、癒されるか両極端そうですが。




バックヤードツアーにも行き、どんな管理をしているのか興味深く回れました。


昼食は、海岸そばの青塚食堂。名物のにしん定食の、にしんの大きさといったら!



一度箸を止めると、食べきれなさそうだったので、休まず一気に頂きました、小骨も気にならず、ほくほくの身と、数の子は美味でした。遠火の炭火焼き、最高ですね。



昼食の後は、水族館そばの祝津港から出るオタモイ海岸へのクルージングツアー。穏やかな海を適度な速度で進む遊覧船、気持ちよかったです。


高校生の頃、バスでオタモイ海岸まで行って、みんなでテント背負いつつ隧道抜けて、崖錐下で2泊キャンプしたなぁ(向かって右側、白い岩や浜のところ)。


ひねり揚げみたいなお菓子がカモメのえさとして売られていて、手を出すと取りに来たり、投げると空中でキャッチします。


到着は小樽第3埠頭、ターミナルの中を覗くと、なんだかデジャブ感が…。そう、映画『探偵はBARにいる』のロケ地でした!よく気付いたな、自分。


最後にテンション上がって、帰札。気分転換になりました!
帰宅後すぐさま出かけて、ラジオ収録へ。放送前に改めて告知しますね。


収録後は、大通公園のベンチで、男の人生について30分ほど語り、ススキノで食事して、BARへ。なんだか見慣れた折り畳み自転車があったり、東京から遠征している人がいたりと、相変わらずにぎやかでした。

2012/09/13 1:54:24 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1235

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 秋小旅行

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ