倉田 大輔

Daisuke Kurata

倉田 大輔

ビデオグラファー

HuckoutのProducer/Videographerをしています。
ホワイトカラーな仕事もしつつ、フリースキーやスノーボードを中心に撮影・映像制作しています。
Huckout以外にも、REACT MAGAZINE/REACT TVにて映像情報発信しています。

魅力的なスキーヤー・スノーボーダーの仲間いるからこそ活動できている環境に感謝!
Embody us idea in an action!

[Huckout]
http://www.facebook.com/pages/Huckout/560343750657151
http://twitter.com/Huckout
[REACT MAGAZINE]
http://www.reactzine.com
[REACT TV]
http://ustream.tv/channel/react-tv

クラタ個人
[Switch Stance]
http://blog.livedoor.jp/csf_sp
[Twitter]
http://twitter.com/KurataD

Read more

札幌市内の雪は消え

22
May

CATEGORY : Snow

4月中旬、続く週末の雨、悪天候。
その前に撮影しちゃいましょうと、富良野地方まで足を運び、味のあるトリプルダウンとご対面。
上方のまるたの家につながる重要な場所なので、しっかり除雪をして撮影開始。中々苦労する中、1時間遅れでやり始めた赤前吉明が3本で全貫き、恐ろしい人です。


その後、やたらと車が止まるなーと思っていたら、まるたの家での集まりだったようで、集まった人が30人近くいるやら、攻めているスキーヤー・スノーボーダーがいるやらでカオスになってしまい、流石に切り上げて富良野市街へ。
昨シーズンも訪れた、唯我独尊でカレータイム!ソーセージカレーは定番ですが、野菜豆カレーも非常に美味でした。再現が難しい、深くて、ほろ苦い、大人のカレーです。


食後すぐに移動開始、夕張山地と日高山脈の間、小さな峠を越えて、次の現場へ。
名寄のライダー、島田優也がスポット参戦。
日が落ちる前に準備し始めて、撮影開始時には夜の帳が下りていました。


高いところからほぼランディング斜度がないところにストンプ。クールな映像はもちろん、痛々しいクラッシュも残りました。
一通り残ったところで、全員借り出しで、赤前吉明専用セクション造成。


最初は?となりましたが、しっかりメイクを残しました、ピタゴラスイッチ。

最終的にはみんなでセッションできる形にかえ、そのタイミングで小板智史と伊藤大輔が参戦。
スチルと映像ばしばし残る流れになりました、気づけば降りしきる雨。日が変わる前に撤収となりましたが、照明を落とした途端、闇に包まれました。そりゃ山奥ですものね。

実は最後の現場でBBQしながら?!なんて企んでいましたが、やり出したら止まらないし、雨が降るしで、現場のテンションそのまま、自宅に集合してもらい、仕切り直しで深夜の焼肉セッションとなりました。


普段は、何とか調整して現場にしか時間を割けない各々ですが、偶々時間があって珍しい集まりとなりました。空が白むまで、それぞれの思いを話し込んでいました、いい時間をありがとう。頑張りましょう!

2013/05/22 2:50:48 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1298

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 札幌市内の雪は消え

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

旭川again

22
May

CATEGORY : Snow

ツアーよかったなぁ、成果も出て楽しかったな、なんて言っている舌の根が乾かないうちにまたもや北の都へ。今回はTONDENBOYZ勢ぞろいで向かいました。


春の陽気で、帯広から戻ってきたKentaRAW Photoも朝はまったり。


ユイ君こと、阿蘇唯人がアテンドしきれなかったストリートスポットを1日で3箇所回る、そんな土曜日になりました。
まずは、旭川市内を一望できる、名付けてSTUDIO TAKASAGO。螺旋階段が鎮座するスポットでストンプ撮影。


ユイ君の板はマジック直書きのNorthGateの文字が!地元愛ですね。


ユイ君のストンプ、赤前吉明のテールタップ、そして村瀬敏博の男気180はグッときました。
ちなみに、男、と称されるフォトグラファー、原田氏も同行していました。ユイ君とのやり取りは、まるで職人同士の掛け合いのようです。この信頼関係は一朝一夕ではできないものです。

移動し、日が暮れるまでコンクリートウォールと対峙。
スチル狙いのユイ君のライディング、最高にしびれました。


最後は、レッジとレールのスポット。スノーボーダー達の攻めっぷりは半端なかったです。トランスファーって…。
撮っている自分もワクワクしてしまいました。いやーしびれましたよ。


011クルー、またもやありがとうございました。

2013/05/22 2:43:49 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1297

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 旭川again

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

道北シューティングツアー

22
May

CATEGORY : Snow

3月最後の週末、Huckoutのシューティングツアー第4弾、道北ツアーへ行ってきました。
初日は北の都で撮影。手始めにスキーヤーだけで1トライしましたが、不発…。


昼過ぎに、ユイ君こと、北の雄 阿蘇唯人と合流。孤高のストリートスノーボーダーのイメージが強い、011Artisticのライダーです。シューティングには011のメジャーさんがフィルマーで同行。久々にフィルミングセッションをしました。最初のフッテージは、橋から逆ランディングと順ランディング。


撮影途中、ユイ君と美馬慎之介がフリースキーの話で盛り上がっていたのを小耳に挟みました、タナ―がどうのとか、サイモンの切欠きパイプがどうのとか。面白い組み合わせがみられるのも、ツアーの醍醐味ですね。

夕暮れまでやって、その後は田崎エンヂニアリングの車庫での大BBQセッション!だったのですが、私だけ日帰り組ともう1フッテージ。結果また不発…。


日帰り組に別れを告げ、ダッシュで田崎エンヂニアリングに戻ってBBQにドロッピン!色々アテンドしてくれる、旭川のタカに、サーバー直飲みをさせられて一気に“発火”!美味しい肉も然り、田崎エンヂニアリングの代表ノブさんから美味しい日本酒も頂きました。
旭川のプロショップの方々、ローカルの方々、色々話ができて最高でした。ありがとうございます!


日付が変わる前に、街中に繰り出します。モナークでやっているイベントに潜入。いやー、ずいぶんとFuckoutしてしまいました。ツアーはこれがあるからやめられません!もちろん、フリースキー・スノーボード・Huckoutを布教もしてきましたよ。


気づけば明るい空、そのまま勢いで旭岳へ。ストリート班はもう少しゆっくりしていたようですが。
旭岳はまさかのファインデーパウダー!ひざくらいの軽いパウダーの面ツルが待っていました。


タカのアテンドで、みんなのセッションを撮影させてもらいました、10人オーバーが沢の中を縦横無尽に滑り降りてくるのは圧巻でした。
ノブさん、タカ、そしてセッションしてくれた皆さん、ありがとう!

おやつの時間前くらいには街に戻り、ストリート班と合流。赴きあるレンガ積みの壁と対峙していました。


タナケンこと田中健太郎とユイ君の絡みが面白くてしかたがない現場でしたが、みんなバシッと鳥肌物のトリックをメイクしていました。

〆はグルメ、今回はラーメンの三日月へ。
着くなり赤前吉明がササっと交渉し、調理風景も取材させて頂きました。感謝です。
深みがありつつ、攻撃的でない、万人が旨いと言うであろうスープでした、野菜が100円でトッピングできるのでおすすめです。
フォトグラファーのカズマル君が食べていたカレーつけ麺は濃厚そうで良さそうでしたよ、最後は白いご飯で〆ていました。


011クルーとセッションした、道北シューティングツアー、最高でした、ありがとうございました。

2013/05/22 2:34:47 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1296

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 道北シューティングツアー

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ