倉田 大輔

Daisuke Kurata

倉田 大輔

ビデオグラファー

HuckoutのProducer/Videographerをしています。
ホワイトカラーな仕事もしつつ、フリースキーやスノーボードを中心に撮影・映像制作しています。
Huckout以外にも、REACT MAGAZINE/REACT TVにて映像情報発信しています。

魅力的なスキーヤー・スノーボーダーの仲間いるからこそ活動できている環境に感謝!
Embody us idea in an action!

[Huckout]
http://www.facebook.com/pages/Huckout/560343750657151
http://twitter.com/Huckout
[REACT MAGAZINE]
http://www.reactzine.com
[REACT TV]
http://ustream.tv/channel/react-tv

クラタ個人
[Switch Stance]
http://blog.livedoor.jp/csf_sp
[Twitter]
http://twitter.com/KurataD

Read more

BAG JUMP!

08
Jul

CATEGORY : Snow

日曜は強い日差しの中、ニセコに行ってきました。
向かったのはニセコ花園、昼に到着した時には薄曇の天気となっていました。そう、目的は先週より始まったBAG JUMPのサマーver.!
http://www.harmonyresorts.com/jp/jp/summer/bag_jump
エアマットに向かって板を履いたままジャンプできる、ジャンプのオフトレとして最適な環境です。
センターハウスである308の正面、冬はジブパークとなっていた場所に設置されていました。マジックカーペットとボブスレーコースが併設されていました。





BAG JUMPの全景はこんな感じです。アプローチからBAGを見て、左手前にBAGからの降り口があります。





キッカーの全景。Rはかなり緩めで、飛び出し部分はフラットが長い感じでした。





キッカーの幅は5mくらいでしょうか。リップの先にフラットなベニヤが1.5mほど張り出していて、その先にBAGがあります。リップとBAGの高さはほぼ同じです。





アプローチは硬めのブラシが敷設されていて、散水して抵抗を減らしています。先週も着たというスノーボーダーの話では、カンカン照りだと、アプローチが走らなくなってしまうとのこと。
またブラシはエッジが効かないので、スノーボーダーの人たちはフラットで滑るスキルがないと転倒やコース外への落下がありそうです。スキーヤーはビビってマクれなければ飛べるでしょう。
以上から、着るものは、
・擦り傷防止も兼ねたロングスリーブで乾きやすいもの
・パンツも長めのハーフパンツや薄手のウエア
がよいかと思います。ブーツも多少濡れることも頭に入れておくとよいでしょう。あとポールは持てませんのであしからず。

アプローチのエクステンションからドロップインして、BAGの真ん中〜真ん中手前くらいまで飛びます。滞空時間的には540が気持ちいい感じです。
エッジが効かない上に、抜けがフラットで抵抗なく抜けていくので、踏み切りのタイミングに慣れるまでは踏みづらいかもしれません。踏めばフラットな軸での720はしっかり回れるでしょう。
一緒に行った松田強志はコーク軸で720をきれいに回し、時には9まで行っていました。
前の人が降りてBAGがしっかりと膨らんでいればほとんど痛みなく落ちることが出来ます。ただ、肘などを擦ったり、ビタで行き過ぎると着地と同時にフロントフリップになったり、と痛い事になるかもしれないのでそこは投げっぱにしない方がいいでしょう。

私も2時間びっしりとジャンプしました。最初は浮かれてcork軸やアンダーフリップ、ミスティー等々。後半、我に返り踏切の練習を兼ねて360や540でグラブがっちりを飛んで終了。

ちなみに、リフトチケット代わりに、時間がかかれたコーティングされた紙のバングルをつけます。2時間で1000円といったリーズナブルな価格設定。





ジャンプを楽しくするために、身体の感覚やキレを保つために定期的に練習しに行こうと思いました。


気づけば昼食もとらずに夕方前、遅めのランチを倶知安市街のはずれにある、国道に面したたんぽぽへ行きました。
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0106/A010603/1020077/
私は、らーめん&ピリ辛丼をチョイス。ピリ辛丼はトマトを使ったサルサソースのような感じで、結構辛かったです。





他のみんなは、鯖味噌煮定食、羊蹄冷麺、ちどり丼?をチョイスしていました。メニューもバラエティーに富んでいるのでお奨めです。





帰りの中山峠でスコールのような雨に遭遇しました。レーダーを見ると100mm/hな勢いで降る雲でした。雨脚が強くて、跳ね返りで一面が白くなる雨なんて初めてでした。おかげで峠を降りて藤野付近で虹を見ることが出来ました。




2010/07/08 0:18:48 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=204

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for BAG JUMP!

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

披露宴に出席

08
Jul

CATEGORY : Diary

土曜はお世話になっているFCレミングスのチームメイトの結婚披露宴に出席してきました。
新郎は私と同い年ということもあり、グランド上以外でも絡むこともあって、呼んで頂いた次第。





ロイトン札幌に向かうタクシーで、「友引だから結婚式がすごく多いんですよ。」と教えていただいたとおり、ホテル内は混雑していました。

現在、夫婦ともに新潟勤務ということで、出されるお酒とは別に日本酒を各種用意したカウンターを設けるといった粋な演出がありました。





私も数杯頂きました。まずは刺身と一緒に。





麒麟山紅葉と亀の王が、芳醇さと後味のすっきり感が両立していて美味でした。お勧めです。

料理も上品な味付けながら、しっかりと素材の味を感じられるつくりになっていました。
伊勢海老。





魚料理は、鯖とサザエ。これら二品は日本酒と相性抜群で、日本酒を軸に料理を選んだのかと感じるくらいでした。





肉料理は、牛フィレ肉。





デザートは、ブルーベリーが添えられたムースとアイスにマンゴーソース。






場所を移動して行われた二次会ではシャンパンタワーの演出も。途中からドイツ−アルゼンチン戦が始まる時間帯でしたが、サッカー好きを考慮してか、店内で中継を流していて、新郎新婦と談笑しながら観戦するといった、落ち着く雰囲気での二次会でした。






木村君、末永くお幸せに!

2010/07/08 0:16:35 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=203

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 披露宴に出席

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2021 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ