柴村 直弥

Naoya Shibamura

柴村 直弥

プロサッカー選手

広島皆実高校→中央大学→アルビレックス新潟シンガポール→アビスパ福岡→徳島ヴォルティス→ガイナーレ鳥取→藤枝MYFC(期限付き移籍)→FKベンツピルス(ラトビア1部リーグ)

海外からプロとしてのキャリアをスタートし、Jリーグへ移籍。2011年、欧州トップリーグへ移籍。


柴村直弥公式Webサイト
http://shei.info/
ブログ「SHEI日記」
http://blog.goo.ne.jp/shei90
ツィッター
http://twitter.com/shibamuranaoya

Read more

日本代表ベスト16で敗退

30
Jun

CATEGORY : Diary

昨夜の日本対パラグアイ戦、日本でも多くの人がTVにかじりついて応援していたと思います。

残念ながらPKで敗退してしまったけど、本当に感動しました。我らが日本代表は大会を通して素晴らしい戦いをしてくれたと思います。

日本中に勇気と感動、そして一体感を与えてくれました。

昨夜もお互い死力を尽くした素晴らしい戦いだっただけに、PK戦で勝ち負けを決めるというサッカーのシステムに憤りを感じてしまいました。サッカー選手である僕が言うのもおかしいかもしれませんが。

昨日初めてPK戦を観たという人もいるかもしれませんが、観てわかるように、PK戦とは運が占める割合がほとんどです。

ましてや、延長戦まで戦った後に行うぐらいですから、疲労もピークですし、どちらに蹴るか、どちらに飛ぶか、もちろん駆け引きもありますがやはりほとんど運です。

もちろん僕もいままでに決着がつかずにPK戦になったということを何度も経験してきました。

何度もPKを蹴ってきたし、入れたこともあるし外したこともあります。

勝ったこともあるし負けたこともあります。

いままではPK戦ということに対しての憤りなど感じたこともありませんでした。それがルールですし、運も実力のうちだからしょうがないって思ってました。

しかし、昨日の試合を観て、死力を尽くして戦った両チームに本当に感動し、その試合の勝ち負けをPKで決めるということに、サッカー人生で初めて憤りを感じました。

それぐらい昨日の試合は素晴らしい試合でした。

かといって、じゃあどうやって勝敗決めるの?って話なんですが、そういうことではなく、ただ、昨日初めて感じたこの感情を伝えたかっただけです。

PKを外してしまった駒野さん…
駒野さんとは僕もかつて一緒に戦ったチームメイトですが、優しくていい先輩でした。
あまり感情を表に出すことはなく、感情を内に秘めて黙々とプレーするタイプでした。
そんな駒野さんが泣いているところを僕は初めて見ました。W杯という舞台での出来事、悔しさは計り知れないものだと思うし、簡単には乗り越えられない試練でしょう。
しかし、試練は乗り越えられる者にしかやってこないと思うし、駒野さんならきっと乗り越えてまた大きく成長していけると僕は信じてます。

最後に言いたいのは、PKは時の運。駒野さんの責任ではない。駒野さんは本当によく頑張っていた。そして日本代表の選手たちはみんな本当に素晴らしい戦いをしてくれました。

感動をありがとう。

2010/06/30 18:25:47 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=31&id=189

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2020 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ