湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

五年後の自分

05
Jan

CATEGORY : Diary


2011年元旦


みなさん明けましておめでとうございます。
皆さんは、どのように元旦をお過ごしですか?・・というのは
あまりに普通なご挨拶なのですね。

では、、

いまのあなたは、
5年前のご自身が思い描いていた自分になっていますか?

という問いかけ風のご挨拶で。


なぜ、こんな挨拶かというと、
私自身が現時点において、
前回の私の人生のターニングポイントであった
戦闘機パイロット(自衛隊)をやめてから、
ちょうど5年が経ったからです。


拙著をすでに読んで頂いている方であれば、
ピンと来ていただけるかとおもいますが、


序章に書いてある決断のシーンは、

「いまから約5年前の現実」

で、


あの決断があったからこそ、
いまの自分があるということになります。


私的に回想させて頂くと、
5年前の自分が、思い描いていたその後
アラスカに通い続けた5年間は、
まさに想像以上の自分でした。


別の言い方をすれば、想像以上の景色と体験が、
自分の周りを取り囲んだ、、、そして自分を変えていった、、
5年前の決断とその後の行動によって。

ということなんでしょう。


もちろんその過程では、
いろんなものを失いました。

しかしながら体験は、無くなりようがないので
自分の中の体験財産は、どんどん蓄積されてゆく一方です。

また失うのは、
指向する自分のソウルに関係ないものばかりですから、
むしろ生きて行くのには、すっきりして好都合です、、、、
ちょっと冷たい言い方ですが。


わかりにくくなりましたが、


最近、自分の時間を「アヤツル」ことを重要性を特に感じます。


「自分の時間をアヤツル」ということは


すなわち、

自分の将来をコントロールすると言うことです。



反対に過去はまったく操作不可能です。



「とある目標」を持ったという前提で、
いま、やっていることが
そのまま将来の自分に反映するとなると、

とてもじゃありませんが、

「いまを楽しむ」

なんて言っていられなくなります。


「気楽に行こう」

もかなりアヤウイ言葉として、
私の人生には、、実は刻まれています。


目標という名の夢は、
たぶん実現が難しいモノでしょうから、
Take it easy ではなく、眠れぬ夜の連続が必要になってきます。

苦しくないな・・・と思ったら、危機感を持つ必要があります。
特にムズカシイ夢を持っているひとたちは。

いまもって、自分で書いた言葉とは思えないのですが、


「挑戦は、不安だ
夢とは、不安そのものだ」


の言葉に、ゾクッとします、、
きっと私の言葉じゃないんでしょう(笑)





さっき、かなり久しぶりに
「アラスカ極北飛行」を読み返したのですが
あの本は、冒頭部の「序章」に思いの丈がすべて詰まっています。


今後も甘んじず、とてつもない大きな夢を追いかける人たちを、
影ながら後押ししてゆけたらなと思っています。


元旦に厳しい内容ですが、
元旦こそ!でしょう。

今年もがんばりましょう。


p.s.
ちなみに拙著「アラスカ極北飛行」は、そろそろ部数が少なくなってきましたので
予告なしで私のサイトからも販売中止させて頂く予定です。
アマゾンでもすでに新品が購入できないみたいですので・・・
かなり売れたのでしょうか?

2011/01/05 21:15:58 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=543

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 五年後の自分

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ