湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

2009アラスカ報告会 in Tokyo

29
Jan

CATEGORY : Diary

報告会、結構なお申し込みを頂戴していて
→満員御礼!ありがとうございました!

よく分からない人は、こちら。
http://talkeetna.jp/index.html


今回の報告会は、

1.お食事をしながらのんびりと
2.アラスカの話も、対話形式で(聞き手:青崎涼子さん)
3.個人的にお話しすることも可能な・・

感じです。

特に世界のアウトドアシーンで活躍されている
青崎涼子さんにお願いしている司会進行を中心に、
アラスカのことを報告できるのは、楽しみです。

内容に関しては、いままで一人で準備してきたので・・
たまには客観性が必要かなと思っています。

きっと読み合わせなしの、ぶっつけ本番
本音トークになるんじゃないかと、それは楽しみです。

昨年、横浜パタゴニア店で行った講演会に続いて
パワフルな会にしたいと思います!

こうご期待!


p.s.

写真・DVD・蝦夷鹿の販売もします。お楽しみに。

2010/01/29 1:49:27 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=31

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 2009アラスカ報告会 in Tokyo

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

旭川西高同期会

29
Jan

CATEGORY : Diary

2010年も気が付けばすでに30日が経ち、
書かねば・・・と思っていたことが
思い出される最近です。



何を書かねば、、いけないかというと
正月早々の1月2日に行われた
北海道旭川西高理数科の20周年同窓会のこと。



20年前当時の旭川西高は、
普通科8クラス、理数科2クラスでありました。
理数科は人数が少ないということもあり、
とても一致団結している感がありました。
だから、クラスメイトは2クラス分いる感じなんです。



まだ高校生だったころ、私はとても秀才で、
と言うのはウソで全く勉強をせず、
陸上部で毎日、走ってばかりいた思い出があります。

あの頃の同級生、20年ぶり・・さて
どうなっていることかとと思いきや、
皆さん、キレイでカッコイイ。

洗練されているなぁ、という歳の取り方で
もう一昔前のアラウンド40ではありません。
まだまだ若いものです。

個性的なクラスというイメージでしたが
その筆頭は、、

TEAM NACSの森崎君でしょうか?
テレビ、演劇などで活躍する彼ですが
実は同級生だったりします。
一時期、彼と交換日記(ええ??)を
していたらしいのですが
私はなにも覚えていません、しかし
ネタとしてその内容を読んでみたい気はします。

あと、有名ヘアーデザイナー上野修平君
(このサイトに登場するきっかけになった、ありがとう!)や
お坊さんの伊藤孝順君など、みんなの活躍、刺激受けました。


宴会は、ラーメンを含めて5次会まで続き、
ほとんど誰も帰らないという異例のクラス会でした。
みんな仲が良いんです。


しかし面白いものです、
同期会などをやると、
みんなが一緒に年を取って行くからでしょうか、
すぐにあの頃の感覚に戻れるという
摩訶不思議なフレッシュさがあります。


「10年後に会いましょう」と行って
分かれた旭川西高理数科のみんな、
本当に頑張りましょう!


さて私は10年後、どうなっているのかなぁ。

2010/01/29 1:45:11 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=30

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 旭川西高同期会

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

ガイドの上限

26
Jan

CATEGORY : Diary

私は、冬の間、
現在北海道のニセコ(倶知安)に住んでいます。


昨日は、内地(本州のことを北海道人はこう呼びます)から
訪ねてきた友人と、ニセコひらふスキー場のパウダーを楽しんできました。
ひらふスキー場は、コース外(こう言っていいものか分かりませんが)滑走の
自由度が非常に高いため、ちょっと遅い滑りはじめでも十分楽しめます。

私はテレマーカーなのですが、
普段やっているのは、
重い荷物を背負って滑る山岳テレばかりなので!
背中の軽いゲレンデパウダーは、
最高に気楽で滑りに集中できる良い時間でした。


山岳スキーといえば、古い言い回しですが、
今から20年前ほどぐらいから
バックカントリーという言葉とPowder誌(これは15年前ぐらい?)
が日本に登場し、それ以前から山スキーをやっていた私には、
最近の、どこの山に入ってもたいてい1パーティーは存在する現状に
不思議な気持ちを抱きます。


昔は、山技術→滑り
今は、滑り→山技術


そんな印象です。
まあ、昔の山屋さんは、滑れない人が多かったですが・・(今もか)

以前までは、かなり無粋な印象であった山も、
最近ではオシャレなPatagoniaウエアなどを着ている人たちが増えました。


そんなバックカントリー人口が増える中、
目立ちはじめているのが、

営利行為としてのガイド中に起こる事故

でしょう。

今年大雪山縦走時の大量死(10名死亡)や尻別岳での雪崩れ遭難、等
毎年何かがおこっています。
(以下は尻別の写真など 雪氷災害調査チームのHPより抜粋させて頂きました)



















私もよく滑る山なので・・しっかりと教訓にしなければいけません。


Take your own risk.

と銘記できない日本では、
山のような危険な場所での事故死は
それがガイドツアーなんかであった場合、かなり社会的に問題視されます。
私自身、ガイドのいるツアーはむしろ肯定派なのですが、
お金が絡むと、どうしようもなくなる現実があります。

好きなことをして生きて行く

という意味においては、ガイドさんの生き方は尊敬すべきものです。
なにもやらずに、文句ばかり言う批評家とう人種に比べれば、
行動を伴う彼らの生き方は、賞賛に値します。

しかしながら、後半部分の「生きて行く」という足かせがある分、
ガイドの上限(ここでは、登山or滑走中止の決定基準)は
どんどん危険領域に上がって行くような気がしてなりません。

それほどまでに、好きなことで生きてゆくのは
リスクと難しさがあるのでしょう。


私は、パイロットでもあるのですが
飛行中における事故で山と共通する話があります。

それは、飛行中に起こる事故で多いのが
誰かを乗せて飛んでいる時・・というのがあります。
誰かの視線、注目が集まると
その当事者は、いつもやらないことや、
ちょっといい格好をしようとして
それが事故に繋がる、という経験則です。

友人に対してガイド(要するに一緒に遊んでいるだけだけど、、)
をしていてもそういう経験は多々あります。


もうちょっと行けば、素晴らしい景色が待っている。

ここで少し目をつむれば、素晴らしいパウダーが!


どんな条件でも、ガイドをするということは、
連れてゆく人間の人生も一緒に連れて行くみたいな
覚悟が必要な気がします。



以下に、リーダーをする人へオススメの本を紹介しておきます。


空へ―エヴェレストの悲劇はなぜ起きたか-文春文庫-ジョン-クラカワー

生と死の分岐点―山の遭難に学ぶ安全と危険-ピット-シューベルト

続-生と死の分岐点―岩と雪の世界における安全と危険-ピット-シューベルト

2010/01/26 19:31:30 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=27

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for ガイドの上限

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ