湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

極北アラスカ通信vol.18(カリブー大群捜索日記1)

12
Jun

CATEGORY : Diary

2010年5月22日 アナクトビック・パス→カビック

ノーススロープにあるカビックは、ここ一週間ほど霧で覆われており、飛行は困難と判断、5/21出発予定を1日遅らせて、天気の回復を待った。5/22朝の現況はまだ低い雲がたれ込んでいるが、現地のスーザンからの報告と衛星可視画像そして航空気象予報から、0900出発を決心。

1000頃、ブルックスの北の端にある
アナクトビック・パスを離陸、カビックまで飛ぶ。

途中、低い雲がノーススロープ一面を覆っていたが、東進するにつれ雲は切れてゆき、5月下旬だというのに、いまだ雪に覆われた真っ白な大地が出てくる。

ダルトンハイウェイを横切るころ、カビックへの到着を確信する。途中、カリブーの小群(10頭程度)の群れが移動するのを発見。

カビックまで、あと20マイルというところで、北極海から押し寄せてくる霧が出現、カビック到着できるかどうか、心配になってくる。ここで引き返しになったら、再度燃料補給のためブルックスを逆戻りしなければいけない。

1130:霧をぬいながら無事カビック到着。

滑走路は、吹きだまりと固い圧雪で覆われており、着陸と言うよりは、滑り込んだ という感じ。小さな雪山で、ハスキーが何度もバウンドした。滑走路には、10頭ぐらいのカリブーが横になっていたので、着陸前に追い払う必要があった。


ハスキーから降りると、
ひんやりとした空気が心地よい。


去年の12月から半年ぶりに人間を見たという
スーザンから強烈なハグを頂く。

2010/06/12 6:45:46 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=160

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北アラスカ通信vol.18(カリブー大群捜索日記1)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

極北の強風飛行

10
Jun

CATEGORY : Diary






カビック上空を飛ぶ


ブルックス山脈から、北極海まで平坦な地形が続く
南北の幅約500キロ、東西の長さ1500キロ以上のツンドラ平地は、
一端風が吹くと、しばらく止まらない怖さがあります。

カビックの滞在も後半戦に突入した頃、
数万頭のカリブーのいるノーススロープでは、
東北からの強風が吹き荒れる日が続くようになりました。

その強さは、25〜35ktで風には強弱の波:息(GUST)があり、
軽飛行機には非常に厳しい離着陸条件でした。

私のハスキーの横風制限は、13kt。
風の方向が、飛行場の横から吹くようになれば、
機体制限的には、あっという間に飛べない状態になります。


残りの撮影日数を数えながら、風が止むのを待ちつつ、
それでもギリギリのところでなんとか離陸できないかを模索します。

それで、なんとか飛べるような風になれば離陸するのですが、
風はいつも定常ではなく、

飛行が終わって着陸する時には、
また制限以上の横風が吹いていることが多々ありました。


滑走路に着陸するには、横風が強すぎる
かといって他の横風が弱い飛行場は周辺にない。


そんな時はどうするか。


こういう時は、カビックにあるランプ(飛行機を駐機する場所)に無理矢理着陸します。
具体的には、駐機場の最大距離を稼げる対角線を使って、風と正対するように(横風成分がなくなるように)
方向を変えて着陸するのですが、この駐機場の距離はたったの30mぐらいしかありません。

しかも駐機場をちょっとはみ出すと、ツンドラの荒れ地になり(そこまで50m)
さらにそれを越すと沼が待ち構えています。

さすがに本来着陸する場所ではない、ところに降りようとするので、
カビックの管理人であるスーザンの了解を取っておく必要があります。


「スーザン、横風がイヤだからランプに着陸してもよい?」

「ええ、あなたが出来ると思うなら、おやりなさい。でも何かあってもそれはあなた自身の責任よ」

「OK、自分自身の責任でやるよ」


アメリカでは、なにかいつもと違う、危険なことをする場合によく、

Take your own risk

と言う言葉が、出てきます。


リスキーなことを行うことも、
その責任を自分で負うことも、
それが個人の自由に任されている
この国に住んでいる人の考え方が、私は結構好きです。


着陸は、ギリギリの接地を狙って地面にたたきつけるような感じでした。
大きなバウンドはしましたが、その後、強烈なブレーキと正対する強風のおかげで、
30mの駐機場で何とか停止しました。
この間の着陸操作には、着陸続行か中止か瞬時の判断と、
微妙なバランスの操縦桿とブレーキ操作が必要になってきます。


狭い場所で着陸する場合、
着陸は、本当にかっこ悪いものですが、
それでも飛行機を壊さず、人がケガをしなければ、
それはそれで、きっとよい着陸なのだと思っています。


安全、安全とやたらにうるさい世の中ですが、
安全性を高めるための技術や経験は、

ある程度の危険の中に自ら立ち入らねば得られない

と言うことを改めて実感した次第です。

2010/06/10 6:32:06 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=159

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北の強風飛行

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

ブッシュランディング(後編)

03
Jun

CATEGORY : Diary






カニング川の河原に降りたち、一泊する


カビックが、深い霧に包まれて着陸出来る状態ではなく、
また他に着陸出来る飛行場は近くにない今、

飛行場ではない、どこかの大地

に着陸しなければいけないのは、当然のことであった。


降りようと考えているカニング川の河原は、
ちょうどツンドラと川の境界になっているような場所で
長さ約100m、幅15mの着陸場所としては良さそうな雰囲気だった。


ひとまずフラップを着陸態勢の位置まで下げて、
河原の上をローパスしてみる。

河原を形成する砂利は、大きなものが多く
路面は、あまりフラットではなさそうだ。

パワーを足して、左上昇旋回をしながら河原を振り返りつつ、
着陸をするかどうかの判断をする。

ふと後席を横目で見つつカメラマンの西さんの表情をのぞくが、
いたって平静な様子で安心する、西さんは撮影現場で、
こういう体験をかなりしてきているのだな、と思った。


最終アプローチで、パワーを絞りつつ
着陸場所の河原を注視する。
大きな石、地面の穴、背の高い木がないかを
最終チェックしつつ、パワーをアイドルにして速度を殺す。

地面に接地時、出来るだけ速度が少ない方が
着陸時の停止距離が短くなるので、ここが肝心なところだ。

接地間際は速度を殺すために
機体のピッチを上げるので前方が見にくくなるのを補うため、
スムーズに注意視線方向を周辺に移行し、
地面との距離感覚をキープし続ける。


地面とタイヤがインパクトする瞬間、
比較的大きな石に当たる感覚があった。
機体が、若干上下する。

スロットルをいつでも全開に出来るように
左手が、少しこわばるのが分かる。

まだ、いけるか・・

様子見にブレーキをかけつつ、
前方視界を確保するために、操縦桿を前に若干倒す。

プロペラの向こうには、
想像以上に大きな凸凹がある河原に、少し驚きつつ、
このまま着陸を継続することにした。

機体は、地面の大きな凹凸で激しく上下する。
そのたびにブレーキと操縦桿のピッチコントロールで
プロペラと尾輪を地面の衝突から守る。

感じとしては、自分の真下にある2つの主輪だけで、
うまくバウンドして衝撃を吸収する

といったところだろうか。

最後の大きなバウンドが終わったところで、
ハスキーは無事、河原の範囲内で止まった。

着陸停止距離は、60mぐらいだろうか。

意外に震動の大きい着陸だったが、
無事着陸できたことに軽く安堵した。


ブッシュランディングは、
意味もなくやる必要はないが、
それが必要な時には、
確実に安全に出来なければいけない。

それがなければ、アラスカの辺境で飛ぶのは難しいだろう。


着陸後は、
ハスキーの翼の下に黄色いテントを張り
天候が回復するまでの間、
西さんと二人で薪を集めて、たき火を楽しんだ。


霧の中のキャンプで、
そばを流れる川水の音とパチッと燃える
乾いた焚き火の音だけの世界が、
目の前で燃える炎を際立たせていた。











2010/06/03 2:19:46 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=151

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for ブッシュランディング(後編)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ