湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

極北アラスカ通信vol.23(帰国報告)

26
Jul

CATEGORY : Diary

連絡が遅くなりましたが先週末、無事に帰国しました。


今年は、とても長いような短いような
なんだか不思議なアラスカ飛行の3ヶ月間でした。

例年の帰国後に感じる感覚と少し違う、、
このぼーっとした無気力感は、


例年の倍の時間を飛行(200時間)して、
アラスカの深淵をたっぷりと体に刻み込んだから・・・


ではないかと思っていますが、
実は自分でも、理由はよく分かっていません。


アラスカ飛行も5年目が終わり、
そろそろ節目なのかもしれませんが、
そんなことをいっているヒマはなく、

今年もこれから講演会や写真の準備で忙しくなりそうで
いままでやってきたことを、いかに伝えてゆくかが
最も難しいことだと思っています。





ちょうど、帰国したあと、
とある20代の方で私の本を読み、

今の会社を辞めて外国へ飛び出す決心した

という若者から、以下のようなメールがきました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

湯口さんの本に出会い、実際にお会いできて、
私にとって大きなきっかけとなりました。
(中略)
湯口さんの活動に、勇気付けられる人がたくさんいると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



世の中を生きる過程で、

何のために、、?
もしくは意味のある生き方ってなんだろう、、?

と思うことが、いまだ自分自身多々ありますが、

上記のような若者からのメールが、
私にとって、その答えのひとつであることは間違いありません。


私的にタイムリーな
以前紹介した探検家ナンセンの言葉、


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

来たり、そして去った夢。


しかし、夢なくして人生に何の価値があろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

は、間違いなく今年のキーワードであるのですが、


夢は、大波のように押し寄せて
去ってゆくのも早く、

次の夢は何なのだろう・・と大いに悩みながら、
3年前に書いた恥ずかしい夢の話を懐かしく読んでいました。

http://talkeetna.sakura.ne.jp/talkeetna.jp/dream/dream.html




これからの予定は
今後、UPしてゆきます。


しばらくは(来年のシーズンまで)日本にいる予定ですので
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

2010/07/26 20:11:25 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=233

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

2

Comments

2 comments for 極北アラスカ通信vol.23(帰国報告)

kei2010/09/11 19:01:38
■つながり
数年前に倶知安のアドベンチャー会社で名刺を頂いた者です。アラスカで舟津圭三さんと一緒に仕事をしたことを舟津さんの便りで知りました。舟津さんご夫妻は僕と嫁がアラスカにいたときにお世話になったあこがれのご夫妻でした。湯口さんが人生を開拓し、僕らの大切な思い出につながったことがとてもうれしくまた、励みになりました。これからも開拓の人生の続き、楽しみにしています。また、旅の話も聞かせてもらえればうれしいです。

http://kei99701.exblog.jp/

湯口 公2010/09/17 15:33:14
■ありがとうございます
船津さんとは、お仕事を一緒にさせていただき、いろいろとお世話になりました。
これからも、北海道とアラスカをつなげるべくいろんな事にチャレンジする予定ですので
よろしくお願いいたします。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

Caribou dream

14
Jul

CATEGORY : Diary
















































2010/07/14 8:07:22 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=216

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for Caribou dream

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

極北アラスカ通信vol.22(カリブー大群)

10
Jul

CATEGORY : Diary



















ついにというか、やっとと言うべきか、
いままでの集大成、
カリブーの大群と出会うことが出来ました。

遭遇の瞬間は、何度もやってきたのですが、
眼下で数万頭のカリブーが動くさまは、まさに夢の光景でした。

詳しいことは、またあとで。

ひとまず速報でした。

この感動を暖かいうちにみなさまへ。

2010/07/10 12:44:58 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=211

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北アラスカ通信vol.22(カリブー大群)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ