湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

中学生の読書感想文〜「アラスカ極北飛行」

27
Oct

CATEGORY : Diary






一通の読書感想文が届いた。



なんだろう、、と見てみると
私の著書に関する中学生三年生の読書感想文ではないか。


その読書感想文の題は、
ずばり「アラスカ極北飛行」

そして、最優秀賞・・・・と隣に併記されている。

中学生の読書感想文コンクール最優秀賞


私の作品で、最優秀賞を取ってもらえるなんて
なんとも恐縮極まりないけど、
正直・・・最高に嬉しい。


内容を読むと、目頭が熱くなる内容なので、
感想は書きませんが、
(了解を得て名前を伏せてUPしています、よろしければぜひ読んでみてください)

感想文はこちら↓
http://talkeetna.sakura.ne.jp/talkeetna.jp/shinbun_syoukai/alaska_dokusyo_kanso.jpg

自分の書いた本が一人歩きして
ある中学生に少なからず何かを感じてもらえたことは、
私にとって至上の喜びで、まさしくそういうことのために
いままでやってきたんだと、、、

そして、なにか1つの区切りを
迎えたようなそんな気分になりました。

そう、
「アラスカ極北飛行」は、
若い人にこそ読んでもらいたい本だったのです。

この感想文を書いてくれた中学生さんの将来に期待しつつ・・
私もこういう表現活動は一生続けてゆきたいものです。


次は写真集か、あるいは完全な活字本か、、、


まあ、いつになるやら分かりませんが、

自分の中の大事な体験は
急ぐことなく時間をかけて
じっくりと熟成させてゆこうと思っています。

2010/10/27 13:35:35 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=417

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 中学生の読書感想文〜「アラスカ極北飛行」

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

Letter from NZ

26
Oct

CATEGORY : Diary

先日、ニュージーランドから
爽やかなメールが届いた。


数年前からパイロットになりたくて
それでも、なかなか決心が付かないでいる・・・

という20代の方からで、
夏のNZの風景写真付きだ。


数年前から、いろいろとお話は聞いてはいたものの、
悩んでいるその人に自分としても、
なかなか建設的なアドバイスが出来ず、
どちらかというと、パイロットという仕事の
負の部分ばかりをメールで伝えていた感じだった。


しかし、その方は

パイロットになりたい

という想いは強かったのだろう、


仕事のこととか、周囲の反対など
いろいろな事を乗り越え、
日本を飛び出し南半球の地でパイロットになるべく訓練を始めて、
素晴らしい環境で自分らしさを取り戻している、、

という内容のメールを送ってくれて、
なんだかとても嬉しくなった。

別の言葉では、勇気づけられたともいえる。


人が、なにか新しいことをやろうとした時、
必ず周囲からの反対には遭遇するもの。

その典型例を克服した方からの便りは、
今の自分をかなり奮起させてくれる。


挑戦しなくなったら、そこでおわりだ。
環境のせいにしてあきらめない、
自分の中のパワーを持ち続けることができるか。


そんなふうに・・
時に、若い人たちからエネルギーを
もらわなければいけない時があります。

2010/10/26 19:52:29 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=415

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for Letter from NZ

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

大阪での講演会を終えて

18
Oct

CATEGORY : Diary

2泊3日の大阪講演日程を終えて、
昨晩、遅くニセコに戻ってきました。

ワイルドライフアート作家、きむらけいさん、
そしてWolfさんや関係者の方々には大変お世話になりました。


16日の午後から2回実施したアラスカ講演会は、


1.私のアラスカの話

2.アラスカの空撮映像とシンセ生演奏(松前氏による)のコラボレーション。

で構成して、約1時間×2行いました。


私の講演は、いつも通りといったら失礼かもしれませんが
写真と映像によるアラスカ飛行の紹介、
あと、、、まあいつも聞かれる私の不思議な人生の変遷を少し。


お客さんは、そんなに多くなかったですが、
しかし講演中、話をしている時に何度も目の合うお客さん、
何度も頷いてくれる熱心な老夫婦など、
そういうお客さん達とコミュニケーションをとりながら、
話をするのは初めての経験だったので、
なんだかとても心地よい講演になりました。

お客さんの数に関係なく、一人でも良いから
なんかこう、、心が通じ合う会話のような講演は、
何度でもやりたい気分になります。



次に素晴らしかったのは、
松前さんが私の映像に付けてくれた音楽。

一部ですが、






個人的には、松前ミュージックの大ファンで
あこがれの人が自分の映像に音を付けてくれる夢のような瞬間に(しかも生演奏)
お客さんと同化して酔いしれ、、ときにぐっと来る瞬間も。

自分が苦労して飛んで撮影してきた映像を見ながら、
それらを思い返し、好きな演奏者が作ってくれた音楽を聴くのは感無量。

表現は、とてもめんどくさいものです。
揺り動かす何かがないと、できない。

でも松前さんの音楽が、自分の映像にシンクロしたとき、
表現だけは続けてゆこうと思ったのでした。
表現に関わってゆくこと、
それは情熱のある人たちと繋がってゆくということですから。


今回は、きむらさんらが主催するジオアートワークス
「2010ワイルドライフアート展」の企画ですので、
主体であるワイルドライフのアートは、まだ今月の24日まで続きます。

講演のあと、作品を見させて頂きましたが、
ジオアートワークスの作家さんたちの作品は、
「緻密で情緒的な」素晴らしい作品ばかりで、
おもわず個人的に購入したくなるような作品ばかり。
写真とは違う、作家のイメージの体現である
筆で描かれた生き生きとした絵は、立体感あふれるものばかりで、
魂を揺さぶられます。

ぜひ、観に行って下さい、足を運ぶ価値があります。
(私の作品も数点ありますが、そちらは別として)


-----------------------------------------------------------------------------
ジオアートワークスWILDLIFE ART企画展
花博20周年記念咲くやこの花館特別企画展
「WILDLIFE ART展2010 緑豊かな地球を考えよう」
http://bit.ly/aWPtdD

開催期間:2010年9月28日(火)〜10月24日(日)
会  場:咲くやこの花館 〒538-0036 大阪市鶴見区緑地公園2−163
----------------------------------------------------------------------------



p.s.

打ち上げの宴会では、やはり良い感じで仕上がってしまい
私は最高に楽しかったのですが、参加者の皆さん
うるさくてすみませんでした!

2010/10/18 9:40:56 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=401

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 大阪での講演会を終えて

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ