湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

人間の土地、北海道「弟子屈町」

01
Nov

CATEGORY : Diary

放心状態です。


理由は、北海道の東、弟子屈(てしかが)のフィールドで
ディープな4日間を過ごしたから。


北海道の東側は、
北海道のその他の地域に住んでいる(主に道央圏)人でも驚くような
広い大地が広がっており、それは視野の広さに象徴されます。

空が限りなく広く、山は遠く・・


森の植生は背の低い笹と針葉樹がすっきりとした印象で構成されて、
どこへでも足を踏み入れ、遊びに行けるような錯覚を思えます。

そんな空気の中、
友人とエゾ鹿狩猟をメインとした
道東ツアーをしてきました。

しかし今回のテーマは、
友人の確信犯的に「人」でした。

ちょっと使い方は違いますが、分かってくれますよね(笑)


エゾ鹿猟→温泉のあと、
道東で暮らしているとても魅力的な方々とお会いして、
酒の飲みながらじっくりと色々な話を聞いてきました。


ちょっと紹介しますと、

・敷地、数万坪?の周辺の山に囲まれながら、牧場に勤めつつ暮らす夢と希望たっぷりの20代の若者

・道東に根ざしている、精神的にはとても謙虚で修行僧のようなハンティングガイド

・ワラを壁の断熱材の主材料にして、大きな家をひとりで造っている情熱家ビルダー


その他、兄貴のように面倒を見てくれたKさん、いつも悪いことを教えて遊んでくれるTさん、人に恵まれた道東滞在、この地は人が温かいです。


みなさん、それぞれの分野では、スペシャリストであり、
ひとりひとりを説明するのは、非常に難しいのですが、
しかしながら、みなさんに一貫しているのは、
なにかを極めんとする意欲が常にあり、夢を諦めていない
ということ。

そのことは、
話をしている中での謙虚さとポジティブさ、
そして語るときの目の真剣さに現れています。

「その人がやっていることが、その人のすべてである」

という言葉がありますが、

言い訳を最初から拒絶し、人生のあきらめ感を抹殺している
これら私が道東で出会った人たちは、ポジティブさにあふれ、
周囲の人を確実に幸せにするのではないかと思います。

「情熱のない人お断り」という村上龍の言葉が大好きな私ですが、
今回ばかりは、私が情熱のない人になりかねない、そんな世界だったのです。

ある種の個人に出会って話をすると、
精神的に搾取され、やる気を失ってしまうことはないでしょうか?

それとは逆で、精神的に与えられ、やる気を増幅してくれる個人が、
この世界のどこかに確実に存在することに、
私は安堵と刺激を同時に感じます。


道東、弟子屈に住んでいる彼らは、
なぜあれほどまでに輝いて見えるのでしょうか?


それは、

自ら選んで、好きな土地に住んでいる
自ら選んで、好きなことに向き合っている
自ら選んで、好きな人間と付き合っている(暮らしている)

からでしょう。


言い訳をせず、自分の力でやってゆこう。

個人の持つパワーは、すごい。
そしてまた、それを開花させるのは、
そのひと個人そのものでしかない。


気付きを与えてくれた、
道東・幸福スペシャリスト先生達に感謝。


p.s.
写真はあんまり文章と関係ないですが・・・






プライベートランド(向かいの山も)でキャンプ






エゾ鹿の恵みを、喜んで解体実習する山ガールたち。






雄阿寒岳のシルエット。

2010/11/01 14:58:50 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=429

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

1

Comments

1 comments for 人間の土地、北海道「弟子屈町」

秋吉 秀樹2010/11/02 18:08:40
■道東より
こんにちは。

道東ツアーお疲れ様でした。

実り多い滞在だったようで、なによりです。

私も、湯口さんにお会いして、言葉にできない刺激をたくさん受けました。ありがとうございました。

アラスカ極北飛行の本は、マイフェバリットの1つなので(リップサービスじゃないですよ!)お会いできると聞いて、実はわくわくしてたんですよ。

とても懐が深い印象を受けました。経験豊富なのにえらぶらず・・・。すてきです。

またお会いできる日を楽しみにしています。

余談ですが、タイトルの“人間の土地”というのを見て、サンテグジュペリの同名の小説を思い出しました。
彼も飛行機乗りでしたね。

sphk4cn9@star.ocn.ne.jp

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2019 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ