倉田 大輔

Daisuke Kurata

倉田 大輔

ビデオグラファー

HuckoutのProducer/Videographerをしています。
ホワイトカラーな仕事もしつつ、フリースキーやスノーボードを中心に撮影・映像制作しています。
Huckout以外にも、REACT MAGAZINE/REACT TVにて映像情報発信しています。

魅力的なスキーヤー・スノーボーダーの仲間いるからこそ活動できている環境に感謝!
Embody us idea in an action!

[Huckout]
http://www.facebook.com/pages/Huckout/560343750657151
http://twitter.com/Huckout
[REACT MAGAZINE]
http://www.reactzine.com
[REACT TV]
http://ustream.tv/channel/react-tv

クラタ個人
[Switch Stance]
http://blog.livedoor.jp/csf_sp
[Twitter]
http://twitter.com/KurataD

Read more

TOYOTA BIG AIR&PARK AIR

15
Feb

CATEGORY : Snow

週末に入る前、Kingこと長田慎士のインタビュー撮影を行いました。同級生である、PDこと伊藤大輔がいい振りをしてくれたので、ほぼノーカットでいける感じで撮ることができました。





金曜夜は大通公園にぎりぎり滑り込み、PARKAIRのスノーボードナイトセッションを撮影しました、Squirrel Ainuが出演していましたので。いい盛り上がりをしていました。





その後は本州からの客人と残心セッションしていました。TLでの絡みからわざわざ来札してくれたりと、非常にいい繋がりができたと思います。





しかし、この写真撮影の後、連日の寝不足であり得ない少量でダウン。痴態をさらしてしまいました。恐ろしいですよ今の時代は、wwwに画像が流出します。炎上、というものを体感しました。

翌日はまあ復活して、TOYOTA BIG AIRで撮影でした。
初の札幌ドーム開催ということで、撮影アングル探しから始めました。風がないのと、下からの寒さが伝わってこないので、真駒内スタジアムよりリラックスして撮影できましたね。





今年もスキーヤーが飛ぶことができました、スノーボード・スキー問わず好きですが、やはりスキーヤーオリジンとしては胸にこみ上げるものがあります。






日曜の本戦も引き続き撮影。途中で泣く泣く抜けて、大通公園へ移動し、PARKAIR会場のラストを飾るイベント、スキーナイトセッションを撮影しました。
ここでやっと本州組とコンタクト。前日の撮影はスタント席からの撮影だったのでライダー達と話せてませんでした、会えてテンション一人で上がっていました。
タイトな時間繰りだったので、写真はライダー達の板のみ…。これが最高な奴らのスキーです。






PARKAIRすべてのイベント終了後、打上げで残心へ。特にスキーに関わる、日本各地から集まった人々でたくさんでした。色々な方とリンクできて、かつ有益な話ができました。お店を手伝っていた遊塚兄弟。





絶対にやられないと気を張っていたので、なんとか無事帰宅することができました。ただ、このペースが2月末まで続きます、大丈夫かな…。

2012/02/15 23:05:55 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=15&id=1147

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for TOYOTA BIG AIR&PARK AIR

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2021 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ