湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

久しぶりの更新です

04
Jul

CATEGORY : Diary

ずーっとネットがない世界で飛んでいました
久しぶりの更新です。

6/16〜6/26までの間、下記の経路で54の村を単独で回っていました。








旅の途中、様々な出来事と景色、出会いがありました。

天気が悪いなど、困難を乗り越える勇気が必要な時もあり、
単独飛行の厳しさを再認識しました。

また明日から、しばらく飛行旅に出かけますので
これらの報告は、帰国後にでも、と考えています。


現在の心境は、


世界を知るには、人の一生では全く足りない・・
たとえ飛行機を使ったとしても。


私の師匠のような方に教えて頂いた
極北飛行旅の友として今回読んでいる本をお勧めしておきます。

極北 フラム号漂流記 フリッチョフ・ナンセン (加納一郎 訳)

素晴らしい探検記です。
太田 昌秀さんの訳が一番お勧めだそうですが、アマゾンで値段がものすごく高いです(3万円以上!)

ちなみに私は、沢田洋太郎さんの訳本を現在旅しながら読んでいます。

2010/07/04 3:09:37 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=197

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 久しぶりの更新です

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

極北アラスカ通信vol.19(カリブー大群捜索日記2)

04
Jul

CATEGORY : Diary

5月23日 霧のため終日飛行できず


先日の着陸のあと、カビックは深い霧に包まれた。北極海から押し寄せてくるこの軽く湿った霧は、思ったよりしつこく日中の日差しでも、消えることはなかった。北極海沿岸の氷はどうなっているのだろうか。


午前中、スーザンにカビックの話などを聞く。

クマに襲われた話や、キャンプ近くに現れるリスやキツネとの交流、ホッキョクグマの話やキャンプ生活を守るための努力など、彼女の体験談は、非常に面白い。


話の途中、キャンプ小屋(実際には、非常に大きなかまぼこ形テント)からカリブーの群れが霧の中、数十頭歩いているのが見える。隣にあるコンテナの屋根の上から、双眼鏡で彼らの行動を眺める。すべてのカリブーは体毛がびしょぬれで、どうやら川を渡ったあとの姿らしい。


午後、歩いてカリブーを捜索するため、ウエイダーにフエルト底になったブーツを履く。スーザンに、銃を持ってゆくように強く勧められる。いわく「あなたは、グリズリーにとってフードなのだから」


まだ凍っている川岸を歩きつつ、双眼鏡でカリブーを探す。川岸を覆う雪は、まだ固くしまっているが所々は緩くなっており、太股まで埋まることがあり、歩くのに難儀する。


川は、所々流れがあったが、氷が張っている状態なので、川を渡ることを決意。しかし途中で良い景色であるところを歩きながら撮影していたら、突然氷が割れ、川の流れに胸まで浸水してしまう。川の水は非常に冷たい。脇にある氷につかまり、すぐに脱出。カビックキャンプへ戻る。装備やショットガンがびしょぬれになり、それを乾かすためにその日の行動は、すべてキャンセル。

9時までに帰ってくると言った私を見てスーザンは、してやったりと言うような顔で、「今日は、おとなしくしたほうがいいわ」と私にアドバイス。

夜、スーザンと夕食を食べながら、クマに襲われた話の詳細や他のクマと戦った話を聞く。
スーザンいわく「クマは、いつも私を狙っている だから生活は緊張感に満ちている」

クマがすぐに入ってくる可能性が高いソフト・テントで寝ている私は、44マグナムを護身用に追加(スーザンから借りて)して床についた。

2010/07/04 3:04:52 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=196

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北アラスカ通信vol.19(カリブー大群捜索日記2)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

極北アラスカ通信vol.18(カリブー大群捜索日記1)

12
Jun

CATEGORY : Diary

2010年5月22日 アナクトビック・パス→カビック

ノーススロープにあるカビックは、ここ一週間ほど霧で覆われており、飛行は困難と判断、5/21出発予定を1日遅らせて、天気の回復を待った。5/22朝の現況はまだ低い雲がたれ込んでいるが、現地のスーザンからの報告と衛星可視画像そして航空気象予報から、0900出発を決心。

1000頃、ブルックスの北の端にある
アナクトビック・パスを離陸、カビックまで飛ぶ。

途中、低い雲がノーススロープ一面を覆っていたが、東進するにつれ雲は切れてゆき、5月下旬だというのに、いまだ雪に覆われた真っ白な大地が出てくる。

ダルトンハイウェイを横切るころ、カビックへの到着を確信する。途中、カリブーの小群(10頭程度)の群れが移動するのを発見。

カビックまで、あと20マイルというところで、北極海から押し寄せてくる霧が出現、カビック到着できるかどうか、心配になってくる。ここで引き返しになったら、再度燃料補給のためブルックスを逆戻りしなければいけない。

1130:霧をぬいながら無事カビック到着。

滑走路は、吹きだまりと固い圧雪で覆われており、着陸と言うよりは、滑り込んだ という感じ。小さな雪山で、ハスキーが何度もバウンドした。滑走路には、10頭ぐらいのカリブーが横になっていたので、着陸前に追い払う必要があった。


ハスキーから降りると、
ひんやりとした空気が心地よい。


去年の12月から半年ぶりに人間を見たという
スーザンから強烈なハグを頂く。

2010/06/12 6:45:46 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=160

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北アラスカ通信vol.18(カリブー大群捜索日記1)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2021 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ