湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

9/20「空の日」イベントの講演会です

17
Sep

CATEGORY : Diary








9/20(月・祝)に

北海道航空協会主催

「空の日・航空の夕べ」
http://bit.ly/9U91RK

北海道・札幌、道新ホール8Fにて
"http://www.doshin-acty.co.jp/doshin/doshin03.html


が開催されます。

そのプログラムとして講演を30分ほど行います。
初公開のカリブーの映像や、BushLandingの映像を
大きなスクリーンに投影して見てもらおうと思っています!

札幌在住の方はぜひいらして下さい。

その他、映画上映や
音楽演奏、そして抽選会もあるようで、
空の日イベントとしては、楽しめそうです。

2010/09/17 15:51:24 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=336

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 9/20「空の日」イベントの講演会です

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

9/11-12日高・幌尻岳

17
Sep

CATEGORY : Diary

北海道・日高の山!!





今週は、北海道・日高山脈の「幌尻岳」


今年は、女性が道中の沢で流され死亡するなど
けっこうな騒ぎのあった山域だけに、
入山前、いろいろな人から心配されましたが、






沢屋(だと思ってる)

我々は、了解という感じで

ただ、林道歩き長いなぁ、、尾根歩きやだぁ、、、

という一般登山者が聞くと、眉をひそめるような
発言をしながら、入山しました。

この山「幌尻岳」は深田久弥・百名山であるだけに
大人気であり、人が多いのですが、それほど簡単でもなく
登頂まで三段階を踏む必要があります。

1.駐車場ゲート〜沢(北電取水口)までは、林道歩き。

2.取水口〜幌尻山荘は、沢歩き。

3.山荘〜頂上までは、整備された山道歩き。

それにしても
100名山ピーク・ハンターの多いこと。

会う人、あう登山者に

「百名山ですか?」と聞くと

確実に頷く登山者の皆さん。

目標を持つことは、良いことで
皆さんの目は、とても輝いています。

とくに山荘では百名山フィーバーで、
なにか北海道ローカルな我々も
洗脳されそうになりました。

同行した道産子・友人のつぶやき、

「百名山なんかより、いい山はたくさんあるのよ・・うんぬん」(笑)






ナショジオ風な探検撮影






登山行程では、沢パートが一番楽しく、

山道歩きでは、ほとんど記憶がなく、

しかしながら、山頂付近の氷河の名残であるカール地形は
なかなかの迫力です。






今度は、沢を詰めてカールでヒグマを観察しよう。

などと、よからぬ事を考えつつ、
山頂へ。






日高山脈は、懐が非常に深いので
東西南北、どこを見渡しても「山、ヤマ、やま」の
どことなくアラスカのブルックス山脈に似た感じがしました。
そう、日本っぽくないんです。

そしてこの日の宿泊は幌尻山荘。












案の定、騒ぎすぎて怒られる(×2)も、
無事に山小屋泊を乗り越え(笑)
いつも、誰もいない場所で、騒ぐ我々にとって
怖いのは、熊だけではありません。


日高は、最初で下見的な山行でしたが、
今後は、沢を中心に、そろそろ攻めてみようかなぁと。

十分に思わせる素晴らしい山域であることは確かです。

また、日本、北海道から
離れがたくなってきました。

2010/09/17 15:27:40 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=335

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 9/11-12日高・幌尻岳

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

漁岳へ

06
Sep

CATEGORY : Diary

9/5(日)

支笏湖周辺の山、
沢と冬でしか山頂を踏めない漁岳へ。






最初、好天→登るにつれ霧雨&風。
しかし遡行中、自然の恵みが。






なめこ






オショロコマ
(友人Masaさん&Sanaちゃん@釣→ほとんどリリース)






F1の滝壺で、釣り実施の二人。

沢の醍醐味は、狩猟採集にあり。

獲って喰って、それから自然の喜びと本当の大事さを
学ぶというものです。

沢自体は、人が入っているので
テープも至る所に張っており(どうかなーと思いますが)
迷いにくかったりします。






たまにちょっとした滝もあり、
若干、アドレナリン放出OK。

読図技術の再確認をしたい私には、
ちょっと面白くない感じでしたが、
それでも、
沢水がなくなった場所では、コンパス片手に
うっそうとしたヤブに覆われた源頭部歩きを楽しみ、
それを越えたあとには、
雲に覆われた山頂へたどり着いた瞬間の
喜びがありました。

頂上での食事。

札幌で一番ウマイ、ベーグル。
(Sana持参、行列覚悟で人気店に買いにいったそうで)

世界で一番ウマイとMasa氏に絶賛されるベルギービール。
(Masaさん持参、すごいなー、ありがとう)

日本で一番病みつきになる味、チキンラーメン。
(普通に生協で、購入)

11時間行動の、お疲れツアーでしたが
それだけにイベント沢山、
素敵な1日となりました。

Masaさん、Sanaちゃん、また行きましょう。

あ、小金井温泉も綺麗でよかったなー。
結構ソバがうまかった!

2010/09/06 22:01:38 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=309

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 漁岳へ

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2021 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ