湯口 公

Isao Yuguchi

湯口 公

極北・飛行作家

湯口 公(ゆぐち いさお)
極北飛行家、自然派作家(写真、映像、文章)

昭和46年10月10日生まれ
現住所:北海道倶知安町


今回、縁あってNorthstyleに参加させて頂いた湯口です。
どうぞよろしくお願いします。

かなり不思議な経歴ですが(興味のある方は以下の経歴をどうぞ)

冬は北海道でアウトドア、夏の間はアメリカの北にある「アラスカ」という極北の地で
自分の飛行機「ハスキー」を使って飛ぶ、と言うことをやっています。

飛んだり、写真撮ったり、文章書いたり、狩猟したり、パウダー滑りに行ったり、映像作ったり・・何屋さんですか?とよく聞かれますが、みんなが自分だけの価値観を見出せるような世の中になれば、何と呼ばれてもいいかな、と思っています。

自然に対する営みを軸として
様々なアウトドアの融合を試みてゆこうと思っています。


最近は、
冬ニセコでパウダー&狩猟&カヤック →夏アラスカで飛行&狩猟&アウトドア

という生活スタイルです。


以下、執筆、撮影活動の一端ですが、参考にして下さい。

ホームページ  http://www.talkeetna.jp

DVD、BD版「アラスカ極北飛行」を発売してます。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

「アラスカ極北飛行」という本を2008年7月1日に出版しました。
http://www.talkeetna.jp/shop/index.html

amazonでも購入可能です。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss_gw?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%93%92%8C%FB%8C%F6&x=0&y=0


〜経歴〜

 東京生まれ北海道旭川育ち。弘前大学理学部卒業後、約 10 年間航 空自衛隊で勤務(F-15 戦闘機パイロット)。在隊中の 2005 年に米国アラスカ州 で実施された演習に参加し、極北の壮大な空を戦闘機で飛行、その時の感動が次 の夢である極北飛行家を目指すきっかけとなり、同年退職する。

 購入した自家用軽飛行機「ハスキー」と共に、アラスカの荒野深くに分け入り 着陸した後、各種アウトドアを実践する「野営飛行」が主な活動内容。2007 年 夏には、アンカレッジ~北極海往復の単独飛行を成功、2008~2009 年には、飛 行機でしかたどり着けないアラスカ全土 100 以上のネイティブ村への飛行を達 成する。
 
 将来は愛機と共にアラスカでの永住を夢見つつ、日本では北海道、倶知安町を 拠点に冬を中心としたアウトドア活動も積極的に実践している。活動先での映像 や写真をもとにして作品を手がける「野営飛行舎」を主宰。2009 年 6 月には、「DVD アラスカ極北飛行」を独自製作、販売開始。今後は自身のアラスカ冒険飛 行、北海道でのアウトドア活動の紹介を通じて、生きること、挑戦することの尊 さを感じてもらえれば・・と思っている。

ライフワークとしての活動
アラスカ飛行、狩猟、冬山登山、テレマークスキー、フライフィッシング

ワーク 映像製作、写真撮影および展覧会開催、講演会、各種執筆

Read more

極北アラスカ通信vol.22(カリブー大群)

10
Jul

CATEGORY : Diary



















ついにというか、やっとと言うべきか、
いままでの集大成、
カリブーの大群と出会うことが出来ました。

遭遇の瞬間は、何度もやってきたのですが、
眼下で数万頭のカリブーが動くさまは、まさに夢の光景でした。

詳しいことは、またあとで。

ひとまず速報でした。

この感動を暖かいうちにみなさまへ。

2010/07/10 12:44:58 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=211

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北アラスカ通信vol.22(カリブー大群)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

極北アラスカ通信vol.21(目指した途中の夢)

08
Jul

CATEGORY : Diary







キャンプ全体と飛行機が深い霧に包まれている。

北極海に浮かぶの氷の上に乗った冷寒な湿気が
そのまま南下したような、そんな空気感だ。

こんな日は、まずもって飛行することは叶わない。
霧雨に濡れながら外(地上)で活動して、カリブーを追い、グリズリーを探しつつ
寒さで体がこわばる厳しさを味わうのも良いが、

一転して、テントの中でじっとしながら
唯一持ってきた、とっておきの日本語の本を読む時間も素晴らしい。


ナンセン・「極北」
(北極海・漂流探検記)

をテントを叩く雨音の律動に合わながら読んだ。


100年以上前にノルウェーの探検家・ナンセンが、
北極海を船で計画的に流氷にのって漂流し、
様々な発見や経験をした探検記である。


ナンセンは途中、船が北上しなくなった北緯84度付近で、
船を他のクルーたちに任せ、
もう一人の仲間と犬ぞりとカヤックで更に北上を目指す。

しかし食料は途中でなくなり、厳しい流氷は行く手を阻み、
それでもシロクマ、アザラシなどで食料を自給しつつ、
ひと冬を越して、ついには生還する探検記である。

この探検行には、現代の最新機器が補うことによって失なわれた
すべての冒険的要素が詰まっているように思われ、
とくに感銘を受けたのは、
自分で常に食料を調達するスタイルであり、
空輸に頼る現代の北極探検とは、
まったく異なる自主自立したものだ。

さらに

探検行そのものに漂う夢のかけらが、
本人の意思で行われた人生そのものであった

ことが、この本の最も偉大な点だろう。


本人は、本の最後にこう結んでいる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−--------------------


さまざまなあこがれを胸に抱いてすごした、


氷と月の光に照らし出された長い夜は、


別の世界からは、遙か遠い夢のように思える。


来たり、そして去った夢。


しかし、夢なくして人生に何の価値があろうか。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−--------------------

北緯70度のキャンプでは、
寒雨がテントを叩く音がやみ、
優しく、なにかが降り積もる音に変わっていた。

外に出てみると雪が降っていた・・・7月の雪だ。


羽布張りの小さな飛行機は、
雪が降り霧に霞んで、よく見えないが、

それもまた自分が目指した途中の、極北の夢の景色として、

記憶に残るような気がした。

2010/07/08 13:19:20 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=206

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北アラスカ通信vol.21(目指した途中の夢)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top

極北アラスカ通信vol.20(Kavik again!)

08
Jul

CATEGORY : Diary






北緯約70度、7月のカビックに戻ってきました。


早速、カリブーの大群を発見。(そんなに簡単ではなかったですが)







スーザンいわく
おおむね、8000頭はいるのではないかと。
(サンプリング計測)







ものすごくラッキーなことにカクトビックが ほんの少しの間、
晴れていたので立ち寄ってみました。
これは非常に珍しい写真だそうです。



ハスキー(飛行機)も私もくたびれつつありますが、
アラスカの夏は、短く休んでいる暇などなさそうです。

2010/07/08 12:51:33 | リンク用URL

  • Close

この記事のURL

http://www.northstyle.jp/home/blog.asp?uid=55&id=205

※記事のリンクを張る際は上記のアドレスを
指定して下さい。

0

Comments

0 comments for 極北アラスカ通信vol.20(Kavik again!)

この記事に対するコメントはありませんでした。

Post your comments

名前 : * コメント : *
URL :
タイトル :
画像認証:

※スパムコメントを防ぐため、コメント投稿時に画像認証が必要です。
※ブログの管理者によってコメント内容を確認します。内容を確認するまでコメントは掲載されません予めご了承ください。

画像に表示されている数字を入力してください。

back to top
back to top

northstyle Hokkaido  Sports and Life style

©2021 ノーススタイル northstyle -Hokkaido Sports and Life style- by KJ PRODUCTION Co.,Ltd. All rights reserved.

Powered by

KJ PRODUCTION

日刊スポーツ